ADHDの特徴とは

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は衝動的な行動をとったり、注意不足といった特徴をもつ発達障害の総称です。
原因としては、遺伝や環境要因など議論されていますが、まだわかっていません。

ADHDという病が定義されて以降ADHDと診断される子供が増えており、社会問題にもなっていますが治療法は確立されていません。

ADHDの有名人

ADHDではないかと推測されている有名人は大物がいっぱいです。
例を挙げるとスティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、ケネディ大統領やエジソンなど大物がいっぱいです。
ADHDは悪いところばかりクローズアップされていますが、好きなことには何時間でも没頭し集中できるという特徴もあります。

ADHDという病を理解し、進む道さえ誤らなければ将来大物になる可能性も秘めています。

ADHDという病名はありますが、一人一人の個性といってもいいのではないでしょうか。

ADHDと診断された

現在では、大人から子供までADHDと診断される人が増加しています。
でも一昔前まではなかった病であり、ADHDという名称さえ聞いたことがなかったはずです。
それではなぜADHDと診断されるケースが増えているのでしょうか。

誤診の可能性

アメリカでは18歳未満の子供450万人以上が、ADHDと診断されています。
ただし誤診も多いということが調査結果からわかっています。

どのような場合に誤診になるかというと、2月や3月など早生まれの子供がADHDと誤診される場合があります。
生まれが遅いと他の子供と比べて発達が遅く落ち着きがないとみなされます。

大人にとっては、半年生まれが違っても大差ありませんが子供にとっての半年は成長の差が堅調に出てしまいます。

やはり4月生まれの子供と比べて3月生まれの子供の方がADHDと診断される確率が高いようです。
アメリカの実際の調査結果でも3月生まれの子供もの方が4月生まれの子供と比べてADHDと診断される割合が6割高いとの結果が出ています。

ADHDは作られた病?

医学者であるアイゼンバーグ氏は「ADHDの父」と呼ばれています。
この「ADHD父」であるアイゼンバーグ氏は、死の直前のインタビューで「ADHDは作られた病である」と告白しています。

10年ほど前まではあまり耳にすることのなかったADHDという病は、症状が定義されるやいなや、ADHDと診断される子供の数が爆発的に伸びています。
それに伴い、製薬会社のADHD関連の薬の売り上げも50倍以上という驚異的な伸びを示しています。

子供一人一人が持つ個性的な一面も、他の子供とは違うということでADHDを疑われ医師にかかっています。
そこで本来正常な子供もADHDと診断されているケースもあるということです。

ADHDの原因と治療とは

ADHDの原因としては、脳機能の異常や外的環境要因など様々なことが議論されています。

また、一部では、子供の受動喫煙によりADHDにかかるケースが多いのではないかという研究結果も発表されていますが、
根本的なADHDの原因はわからないため、治療法も確立されていません。

投薬による治療もありますが、ADHDの症状を和らげることはできても、完治させることは難しいようです。

そんななか、ミシガン州立大学のアランスミス教授によると運動によりADHDの症状が改善されたとの報告が上がっています。

登校前に運動を行うことで脳機能の向上が見られたということです。
これは、運動によりドーパミンやテストステロンが脳内で分泌され認知能力が上がったためだとされています。

運動によるADHDの治療法が確立されれば、薬に頼ることなく治療できますので、薬物依存というリスクも避けることができるようになります。

ADHDの特徴と原因および治療法</a