親ならば自分の子供にはいい人生を歩んでほしいと願うものです。
好い人生とは抽象的すぎて分かりにくいのですが、一昔前ならばいい大学に入って大企業に入ってというところでしょうか。
今は、いい大学に入って大企業に入るよりも自分夢をかなえて充実した人生を子供に送ってほしいと考える親御さんが多いようです。
それではいい人生を子供に送ってもらうには小さいころよりどのような教育をすればよいのでしょうか?

IQが高い子供

頭の良さの指標とされているIQですが、IQが高いと当然人生において成功する確率が高くなるようです。
IQが高いということは、職業選択の幅が広がります。
一番脳が成長するのは、8歳までの幼少期ですから、適切な教育をすることでIQを伸ばすことができます。

IQを伸ばすには

頭をよくしたいとかIQを伸ばしたいと考えていてもどのように教育すればいいのかわからない方が大半だと思います。
ほんまでっかTVにも出演している脳科学者の澤口先生によると、IQを伸ばすにはHQを伸ばす必要があると提唱されています。
HQとは人間性知能とよばれ前頭前野の活動レベルを指しています。
HQが高いほどIQも高く、夢を実現させる可能性が高くなることが分かっています。

HQを伸ばすには

それではどのようにしてHQを伸ばせばよいのでしょうか?

勉強するにしてもスポーツするにしても本人のやる気がなければ続けることができませんし、
能力を伸ばすのも難しいということは誰でも想像できます。

小さいころは、いろいろなものに興味をもちふれあいに行きます。
そのなかには危ない遊びも含まれています。
子供は、好奇心をくすぐられる遊びの中で、知識を身に着けていきます。
よく遊ぶ子は賢いということです。

子供の習い事

出典:ケイコとマナブ』2016年 子どもの習い事ランキング リクルート

 

最近では少子化の影響もあり、子供一人にかける教育費が高くなってきています。
2歳や3歳からでも習い事に通わせる親御さんは多くなっています。
周りが習い事を始めると焦りますが、何を習わせるのがいのかよくわからないことでしょう。

習い事のトップとしては水泳が多いようです。
幼少期の習い事について東大生にアンケートを取ったところ2位にピアノがランクインしています。

澤口先生によると幼少期にピアノを習うことで、
前頭葉の発達が期待できるとの事でした。

東大生とピアノも関係あるのかもしれません。