綺麗になりたい

F1業界で衝撃的なニュースが飛び込んできました。

グリッドガールを廃止するというのです。

えっ?レースクイーンでなくグリッッドガール??となった方も多いかもしれません。

日本ではF1といえばレースクイーンという印象です。

グリッドガールとレースクイーンの違いとは

日本では、レースクイーンが有名ですが、グリッドガールはあまり知らない人が多いかもしれません。

グリッドガールは、スタート直前のスターティンググリッドでネームボードを持つ人で、その国の伝統をアピールする存在のため、露出度はあまり高くありません。

 

対してレースクイーンは、スポンサーアピールのために働いています。

 

フェミニストからの批判

グリッドガールに対して欧米では、女性を見世物にしているなどと批判がありました。

特に、フェミニストなどの女性の権利を主張している団体からの抗議です。

 

ここで思うのは、グリッドガールの人達はイヤイヤ仕事をしていたのだろうかという事です。もし、無理矢理仕事させられていたのなら人権問題であり、即刻やめるべきです。

 

でも違いますよね。多くの女性の中から選ばれ、誇りを持って仕事をしていた人が大半だと思います。

実際にグリッドガールの方が、ツイッターで大好きな仕事を奪われたと発言されていました。

グリッドガールを仕事としている人でもない人が外野からワーワーと騒いでいる印象しかありません。

 

  1. 生まれながらに絵の才能があり画家になる
  2. 生まれながらに容姿が良いのでグリッドガールやレースクイーンになる

 

1も2もどちらも変わらないのですが、1は賞賛され、2は非難されるなんておかしいですよね?

 

どちらも生まれ持った才能を活かして仕事をしていることに変わりありません。

 

 

グリッドガールを女性を軽視していると考えている人の方がよっぽど差別的であるといえますよね。

 

レースクイーンが廃止される?!

この流れから、長年F1に華を添えてきたレースクイーンも廃止になるかもしれません。女性の方が向いている仕事、男性の方が向いている仕事、それぞれあると思います。

今回の決定により女性の仕事が一つ奪われる結果となりました。女性の権利を主張しているのにおかしな話です。

 

この流れが続けば多くの女性の職業が奪われるかもしれません。

 

欧米でも賛否両論あり、外野がとやかく言う話でないという意見もあります。

多くのグリッドガールの方は、SNSなどでこの決定を不服として声をあげています。

 

結局誰も得しない決定ですよね。