職場の人間関係
仕事を持って働いている人の場合、1日の大半を職場で過ごすことになります。
この1日の大半を費やす職場で人間関係が悪く過ごしにくければ人生の大半
を損することになりますし、仕事にも支障が出てきます。

一方で仕事なのだから良好な人間関係なんて必要ないという人も多いでしょう。
それでも、悪い人間関係よりもよい人間関係のを築けた方がいいに決まっています。

職場の人間関係を良好に築くというのはとても難しいことですが、
何かいい方法はないのか調べてみました。

人の悪い面ばかり気になる

職場にはいろいろな考えを持った、上司や同僚がいます。
人間は、完璧ではないのでいい面もあれば悪い面もあります。
人の悪い面ばかりに目が行けば当然その人を嫌いになってしまいます。
自分が相手のことを嫌いになれば、無意識下でも感情が伝わり、
相手もあなたのことを嫌いになるでしょう。
なるべく、人のいい面に目を向けるようにして、
嫌いな人を増やさないようにしましょう。

職場の変化がストレス

職場というのは、マーケットの変化に応じて変化していくものです。
職場の変化というのは、人間に良いストレスも悪いストレスも与えます。
職場は、変化していくことが当たり前の話なので、とつぜんの変化にも対応できるように
しておく必要があります。

職場に変化があるということは、あなたの仕事内容も人間関係も変化し、新しいことへの
チャレンジが必要です。チャレンジしてくことが嫌でもチャレンジするしかないのです。
その時、孤立奮闘せず、周りの人たちと意見交換しながら仕事をしていくことが
大切です。周りの人と関わり合いを続けていくことで、やる気につながります。

人間は、周りから認められることを喜びを感じ、
やる気につなげていけるものです。

良好な人間関係を築くのが苦手

職場関係でのストレスを抱えているのはあなただけではないのです。
周りの人もどうすれば良いのかストレスと戦いながら仕事に挑んでいるはずです。
周りを見渡すとストレスとうまく対応している同僚もいることでしょう。
まずは、人間関係をうまく築き、ストレスなく働いている人を手本にしてください。
自分は、その人と何が違うのか、客観的に分析することでストレスへの対処方法
や、職場での人間関係構築のヒントになります。