劣等感を克服
人は誰でも様々な劣等感を抱えています。
学歴、見た目、家柄などなど人によって抱えている劣等感は違います。
しかしながら、人によって劣等感の捉え方は、異なっており、劣等感があるから頑張れる人と、劣等感を盾にとって何もしない人もいます。
この違いはなんでしょうか。そもそも劣等感の意味はなんでしょうか。劣等感を克服するとはなんでしょうか。

劣等感を克服する

ある人は、高校卒業後、外資系企業にたまたま入社できたそうです。でも周りを見渡してみる高学歴の人たちばかりで、劣等感を感じ始めたそうです。
そこでその人がすごかったのが、学歴が劣っているのならば、実力で勝負するしかないと考え、がむしゃらに仕事を頑張り出世していったそうです。

優越感を持ちすぎると失敗する

逆に学歴に優越感を持っていた人たちは、落ちこぼれていった人もいたそうです。
学歴というのは、過去の栄光に他なりません。
過去の栄光に浸っていても現在実力が伴わなければ意味がありません。

劣等感を逆手に取る

このことからも、不必要な劣等感を持つことなく、過去ではなく、いま現在に目を向け、
努力することで、未来を切り開くことができます。特に今の日本の情勢をみると刻々と
変化しており、過去の栄光にしがみついていても無意味なのかもしれません。

優越感を持ち続けている人は、過去の栄光にすがりすぎ、反省することができずに失敗してしまうことがあるので注意が必要です。

自慢話ばかりする人

意外かもしれませんが、自慢話ばかりする人も劣等感の塊だったりします。自分に自信がある人は、自慢話などしません。
なぜ自慢話をするかというと、これだけ自分がすごいのだから尊敬してくれと、訴えているのです。

逆に自分に自信がある人は、他人からどう思われようと関係なく常に自分に自信を持っているため、他人に自慢話をして自分がこれだけすごいということを誇る必要もないのです。

正しい劣等感とは

劣等感を感じるのは、人と比べた時が多いのではないでしょうか。
そもそも劣等感とはどういう意味で、劣等感を克服するとはどういうことなのでしょうか。

人と比べた時自分が容姿が劣っていると感じたり、自分に持ってない能力をみて嫉妬し、劣等感が生まれます。
このような人は、人の幸せを祝福することができません。他人の不幸を喜ぶ人です。

人の幸せを自分の幸福のように感じることができない人は、幸福感が薄いと言われていますから、損していることに気づくべきです。
なぜ、他人の幸福を喜べないかというと、他人との人間関係を競争という軸でしか見ていないからです。勝ち負けで人間関係を見ているのです。

それは、正しい劣等感とは呼べません。それでは、正しい劣等感とはなんでしょうか。

劣等感は人と比べて感じるべきではないのです。比べる相手は自分なのです。
現在の自分と理想の自分を比べて劣等感を感じることは健全な劣等感と呼べるのではないでしょうか。